PICA予約センター0555-30-4580


トップ  >  ワークショップ

PICA山中湖ヴィレッジ ワークショップ


PICA山中湖ヴィレッジでは "食" をテーマにしたワークショップを行っています。
富士山麓の豊かな自然で育まれる食べ物や文化を伝えるワークショップです。

PICA山中湖ヴィレッジ内のオーガニックファームやガーデンの野菜・ハーブを使ったワークショップから、
専門の講師やプロのアーティストを招いて行うワークショップまで、初めての方でも気軽にご参加いただけます!

"食" のアトリエ  ワークショップ  (2016年シーズン スケジュール)
4月
5月
5月
6月
6月
  • PICAスキレットで季節のジャム作り  〜ブルーベリー〜
7月
  • 夏野菜とハーブを収穫してピクルスを作ろう!
8月
  • バジルソース作り



5月・6月 : PICAスキレットで季節のジャム作り  〜ルバーブ〜




PICA山中湖ヴィレッジのオーガニック・ファームでは、ルバーブが育ってきました。
あまり日本では知られていないルバーブ、
野菜やハーブの中間のような位置づけで
欧米ではジャムやソースにして身近に楽しんでいます。
シベリア原産のルバーブは、日本では北海道や長野等の冷涼地で栽培され、
ここPICA山中湖ヴィレッジの涼しい土地にも適した気候で育っています。
ジャムやピクルス、コンフィ等の土地に合った食物の"保存食"作りも楽しい!
スキレットを使えば煮詰めるときにも焦げつかずに簡単にできます。
キウイやすもものような甘酸っぱい、
美容や健康で注目のルバーブを、
もっと身近に取り入れてみましょう!
内容 1. ファームでルバーブの収穫
2. カットしてスキレットで調理(ジャム作り)
3. パンに塗って試食
4. 残りは保存容器に入れて持ち帰り
開催日 5月22日・29日
6月5日・12日
時間 10:30〜 (所要40分から1時間程度)
料金 1,500円
(宿泊の方、富士急別荘オーナーズカード提示の方は 1,300円)
定員 5名
対象 お子様から大人

※お子様は保護者の同伴をお願いします。

お申込み 3日前までに、PICA山中湖ヴィレッジまでお電話ください。
(PICA山中湖ヴィレッジ フロント:0555-62-4155)
備考 生育状況や収穫量により、中止または市販のルバーブで行なう場合がございます。
その他 6月12日限定 スペシャルオプション
ワークショップ後にFUJIYAMA KITCHEN でルバーブ・ランチコースをご利用いただけます!
<ルバーブランチコース  お一人さま 2,000円>
  • 季節のサラダ
  • 冷製のポタージュスープ
  • バゲット
  • 豚肉のルバーブとバナナ詰めカツレツ
    マデラ酒風味のソース仕上げ
  • ルバーブのタルト
  • コーヒーまたは紅茶
ご希望の方はワークショップのお申込みの際、
ランチコースご希望の旨をお伝えください。
参加者だけでなく同伴者の方もお申込みいただけます。

4月・5月 : テラコッタのポットでマイキッチンガーデン作り



春になってだんだん暖かくなり、避暑地の山中湖でも種まきの季節になりました。
広いスペースがなくても植物は簡単に育てられます。
都心にお住まいの方でも、もっと気軽に・身近にガーデニングを!
テラコッタのポットに塗装したりデザインしたり、
オリジナルのポットを作ったら、
バジルやタイムのハーブ苗をそこに移植して
マイキッチンガーデンのできあがり!
キッチンの片隅に置いたりベランダで育てながら、
ハーブが大きくなったら料理に使ってみましょう!
内容 1. 好きな形や大きさのポットを選ぶ
2. 色やデザインを決めて塗装
3. 塗料が乾燥するまでの間、育て方の説明
4. 乾燥したらハーブ苗を移植して終了
開催日 4月23日・29日・30日
5月1日・2日・3日・4日・5日・7日・21日
時間 15:30〜 (所要30分から1時間程度)
料金 1,500円
(宿泊の方、富士急別荘オーナーズカード提示の方は 1,300円)
定員 5名
対象 お子様から大人

※お子様は保護者の同伴をお願いします。

お申込み 3日前までに、PICA山中湖ヴィレッジまでお電話ください。
(PICA山中湖ヴィレッジ フロント:0555-62-4155)
備考 ペンキやアクリル絵具を使うため、汚れてもいい服装をご用意ください。

PICA山中湖ヴィレッジ
㈱フジヤマ・クオリティ
が運営しています

企業情報、採用情報、プライバシーポリシー、
団体・取材・撮影のお問合せ等は、こちらの
コーポレートサイトをご参照ください。

Copyright(c) FUJIYAMA QUALITY co.,ltd. All Right Reserved

ページの先頭へ ↑